【あと少しだけ】やせて速くなる方法とは?

速くなる為に少しだけ痩せる方法とは?

 

痩せて速くなりたいと思うランナーは世の中、多いと思います^^

 

私もそうです(笑)

 

 

減量して、身体を軽くしてレベルアップをしたいという方に向けて、

 

少しだけ痩せて速くなる方法を紹介します。


肌寒い朝に走る!

実は、暑い時期ではなく、寒い時期に減量を行うことが効率的なんです!

 

 

人間は、通常の気温の時に、エネルギーを
皮下脂肪やほかの脂肪細胞に蓄えています。

 

 

しかし4〜10℃位の肌寒く感じる気温だと、

 

人間は、皮下脂肪からエネルギーを産生する働きになります。

 

寒いからといってじっとしているよりは、
思い切って外に出て、皮下脂肪を燃やすと減量につながりますよ^^

強度の高い走り方をしよう!

強度の高い運動と強度の低い運動があります。

 

 

強度の高い運動は、インターバル走やスピード走、坂の練習があります。

 

強度の低い練習は、ジョギングやLSDがありますね。

 

 

実は、走り終わって息が上がっているときも、
カロリーは消費を続けているのです。

 

 

つまり、ゆっくりペースより、速いペースのほうが同じ距離でも、
多くのエネルギーを使うのです。

 

 

個人の走力によって個人差はありますが、

 

強度の高い運動をすればするほど、消費カロリーは多くなります。

 

 

ただ、スピード練習に取り組みにくいランナーもいるかと思います。

 

 

そういう方は、ジョギングの最後の数分間をスピードを上げたり、

 

電柱の間をスピードアップしたり。

 

 

強度の高い運動を少しづつでも取り入れるよう意識してみましょう!

【Q&A】痩せて速くなりたいランナーのための悩み相談

 

毎日の晩酌が辞めれないのですが・・・

アルコールは適量であれば大丈夫!

 

 ビール中瓶1本くらいは問題ありません。

 

つまみをたんぱく質や総菜中心にすることが大切ですね^^

 

「 〆はラーメン」は絶対なしですよ(笑)

 

 

 

走る時間が2時間しか取れない・・・

日常の活動量を増やしましょう!

 

 

 市民ランナーの場合は、日常での消費をすることを考えることが大切です。

 

 

休憩時間は、遠いトイレにいったり、

 

通勤時に一つ離れたバス停や駅まで歩いたり。

 

 

今の生活の中で、消費できる方法を考えて、

 

少しづつでも取り入れていきましょう。

 

 

 

アイスやケーキが好きで、食べてしまう・・・

夕食後より3時のおやつで召し上がれ^^

 

 

 摂取した糖質を脂肪としてため込みやすくするたんぱく質を
「B−MAL1」といいます。

 

このたんぱく質は、夕方から増加し、夜中から朝方がピークとなり、
逆に最も低いのが、昼の2時から3時とされています。

 

つまり、夜の食べ物は脂肪をためやすく、
昼は溜めにくいんです♪

 

甘党の方は、夕方以降のおやつは我慢し、
3時のおやつを習慣づけましょう。

 

 

 

睡眠時間が少ないと痩せにくいの?

早寝より、夕食後の飲食内容を注意してください。

 

 

 

睡眠時間が少なかったら、やせにくい理由は、

 

夜に飲食する回数が増えるからなのです。

 

 

痩せるためには、睡眠時間よりも、

 

摂取を控えることが重要になります。

 

 

夕食後に口にするものには、注意して過ごしましょう^^

 

 

以上です。

 

 

計画を立てて、 少しだけ痩せて記録更新目指して頑張ってくださいね。

 

 

マラソンなどの、長距離を走る競技には必須のアミノ酸摂取。

 

持久力、回復力に特化したアミノ酸サプリのアミノサウルスをおススメしております。

 

 

口コミでも高評価ばかりです^^ほんとおススメです♪

 

 

公式サイトなら、初回限定で1箱(14本入り)購入すると、

 

もう1箱プレゼントしてくれるキャンペーン中です。

 

 

終わってたらすいません…。

 

 

⇒⇒アミノサウルスの公式サイトはこちら!